The *Biggest* Scraper In the World Revealed

They forgot "Be"

They forgot "Be"

There is a company that has been doing content scraping on a level that’s really unimaginable, to the point that it can be regarded as a completely different business model than most others that do this.  Like many of the sites you’ve seen out there, its approach is to spider the web and copy other people’s content, then subsections of content are “mashed” together and presented to end-users – essentially auto-generated web pages.

The difference between this company and the myriad of other scrapers our there is in the “mashing up” process; rather than mashing together random pieces of content, only pieces that are truly relevant to each other are assembled together.  This is very difficult Ph.D-level stuff, and is the key to the whole process.  As a result, the content mash-ups it presents look very natural, the content pieces are related to each other, and these auto-generated web pages can (shockingly) sometimes even be useful to the end-user.  A neat trick as well is this company has an automated system to create these mash-ups based on content demand from the end-users – it’s a great systematic way to create profitable web pages.

The really onerous thing though is, in many cases, this company also hosts copies of the original content the mash-ups are based on so end-users can access them without ever leaving the company’s website.    Pretty over-the-top, you’d think that sort of behavior would attract lawsuits!

This approach has been so successful this company has even been branching out by scraping content that ISN’T EVEN AVAILABLE ELECTRONICALLY.  I know this sounds crazy, but it’s actually scanning in offline content and adding it to its database.

Needless to say, this company is making huge amounts of money from advertising revenues – from the huge traffic that all this auto-scraped content is attracting.

The name of the company is “Google”, and this completely different business model is called a “search engine”.

6 Comments

  1. Steve says:

    *rolls his eyes*

  2. 後援されたポストであること、これは通常のマーケティングの誇大宣伝がどこに行くか。しかし、ablogtowatch私の定期的な読者は知っているかもしれません(マーク・カーソンの個々のデザイン)私の多くのコメントから、または、小売業者についてのシリーズから、マーケティングの誇大広告は私のものではない。だから私は追跡に切ります。 http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N51261.html

  3. ブランドコピー代引き時計/財布激安販売-スーパーコピーブランド代引き ブランドシークレット−はルイヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、プラダ等のコピー商品を販売致しております、ロレックス、ガガミラノ、パネライ、フランクミューラーなどのハイブランド腕時計のコピー品も取り扱っております。スーパーコピー 通販,ブランド コピー通販,スーパーコピーブランド 代引き,激安コピーブランド 通販。2016年新作も随時入荷致しております。当店の製品は、業界でスーパーコピーと呼ばれるレベルの商品を最低ラインに、自社工場にて手作業の製造を行っております。日本人ブランド鑑定士をアドバイザーに品質管理を行っておりますので、一般消費者はもちろんのこと、質店や鑑定士にも真贋鑑定が困難である、最高峰の製品をご提供致しております。商品の発送は日本郵便EMSにて格安の料金で承っており、EMS日本郵便のサイトにて随時発送状況を確認頂けます。他業者では行っていない代引き発送もご利用可能です。東京の仲介業者を介しまして代引き発送が可能ですので、安心、安全にお買い物をお楽しみ頂けます。ご希望の商品が掲載されていない場合にも、お問い合わせ頂けましたら商品を確保できる場合がございますので、メールにてお気軽にお問い合わせください。 http://www.fujisanbrand.com/wallet/vuitton/index_12.html

  4. 今日は、ロレックスと多くの一番重要な、最も影響力のある試合選手、世界ゴルフ組織、プロの試合と提携関係を含むゴルフ四大大会、世界ゴルフ选手権(World Golf Championships)、レーダーカップ(Ryderカップ)、大統領とカップ(Presidentsカップ)とソルハイムカップ(Solheimカップ)。カルティエ時計コピーこの項目によって中国とゴルフ協会の最新の協力を達成する意向をロレックス中国ゴルフ協会と中国のゴルフクラブリーグでの各試合の公式時計。 http://www.gowatchs.com/brand-202.html

  5. 何をあなたが感じる中国の腕時計について。人に聞く」が中国で作られるのを見て、「それが何であるかを心に浮かんでくるのですか?それはたぶん両方の正と負のものの組み合わせである。 カルティエ 時計コピー 私は、ほとんどの人々のいずれかを安価に大量生産された腕時計のことを考えると思います、または偽の贅沢品。を含んで、まだ中国の出てくる商品の正確な記述。 http://www.eevance.com/tokei/zenith/index.html

Leave a Reply

Pingbacks & Trackbacks

  1. Tweets that mention The *Biggest* Scraper In The World Revealed | Coconut Headphones -- Topsy.com - Pingback on 2011/02/07